入院のご案内 LDRのお産 入院中のお食事 1週間相談 お祝いメール 公費助成金 赤ちゃん写真館



入院の時期   【1】 陣痛開始
突然激しい痛みが来るわけではありません。
不規則な張りから規則的な張りへと変わってきます。
目安として10分に1回以上の張り、痛みが繰り返されるようになった時。
またお2人目以降のお産は、陣痛がきた場合1人目の時と比べてあっという間に進むことが比較的多いため、早めにご連絡ください。

【2】

破水
生温かいお水が出てくるのを感じます。量は動いたときにチョロッと出る程度から、ドバッと出る程度まで様々です。シャワー・入浴はせず、ナプキンを当てて来院してください。破水を放置しておくと、赤ちゃんに感染等を起こすことがあり危険な場合があります。破水かどうか迷った場合、ご自分で判断せずに一度ご連絡ください。

こんな時はすぐ連絡を!
  • 急激なお腹の痛み
  • お腹が硬くなって張りがひかない時
  • 刺し込むような激痛
  • 生理以上の出血や血液の塊が出た時
  • 胎動がいつもより少ないと感じた時
  • その他の異常を感じた時
以上のような時は、休日・夜間を問わず、
まずお電話ください。0564-21-1585
電話は必ずご本人がおかけください。
  下記項目をお尋ねします。
  • 名前(診察券の番号)
  • 予定日・お産の回数
  • 陣痛はいつからか、今何分おきなのか
  • 破水の有無
  • 出血の有無
  • 病院までの所要時間、方法
  • 医師から注意を受けている内容
入院の方法   【1】 外来診療時間の場合、外来受付で声をかけてください。

【2】

診療時間外、休日、夜間の場合、正面玄関入口のインターホンを押してください。
(2階ナースステーションへ上がって頂きます。)
入院時に
必要な物
  母子手帳/保険証/診察券/筆記用具/妊娠中に使用したファイル/産褥ショーツ/乳帯または授乳用ブラジャー/タオル類(シャワー時のバスタオルは病院に準備してあります。)/コップ /ガーゼハンカチ/退院時の赤ちゃんの衣類一式/おくるみ(時期により)/骨盤ベルト(お持ちの方のみ)

※すべてのお部屋にアメニティセットをご用意しております。
入院時に
提出して
いただく物
  診察券・母子手帳・骨盤ベルト(お持ちの方のみ)

※持ち物にはご記名をお願いします。
入院時の
生活について
  分娩、産後に異常がなければ、入院期間は分娩当日を含めて6日間です。
母児同室が基本ですが、赤ちゃんをベビー室でお預かりすることも可能です。
お部屋はすべて個室となっております。全室にトイレ・洗面台・テレビ・DVD+VHSプレーヤー・冷蔵庫・加湿機能付き空気清浄器・接触式カードキーをご用意しています。
特別室にはシャワーと一部の部屋にはテラスもあります。
お部屋のご希望は通院中にうかがいますが、状況によりご要望にお応えできない場合がありますのでご了承ください。
ソファベッド等を利用し、ご家族の方もお泊まりいただけますが、隣室への静寂確保のためお子さまにはご遠慮いただいています。
シャワー室を2部屋ご用意しています。
新生児健診   ご入院中、小児科医師(竜美ヶ丘小児科:鈴木研史医師)による新生児診察を行います。
(原則、火・土曜日の週2回) 
竜美ヶ丘小児科 http://www.tatsumigaoka-child-clinic.jp/
おねがい   院内は全て禁煙です。ご協力をお願いします。
貴重品のお持ち込みはできる限りさけてください。
外出、外泊はご遠慮ください。
入院中はスタッフの指示に従ってください。
洗面用具以外のお持ち帰りはご遠慮ください。